油は良い油を摂り悪い油を少なく

*
亜麻仁油の効能を調べたらやっぱりすごかった > 亜麻仁油の知識 > 油には体によい油と悪い油があり摂取バランスも重要です

油は太る原因なのか?

油を摂ると太ってしまう。コレステロールが高くなるなど、油ってあまりよくないイメージが一般的だと思います。このイメージの原因になったのは、事実を誤認していた過去の歴史にあります。動物性脂肪が肥満の原因や様々な病気の原因になるため、健康を考えるなら動物性油脂を減らすべきで、植物性油脂を積極的に摂る方がよいと長い間いわれてきたためです。

食用の油

しかし、植物性油であれば何でも体によいかといわれると、そうであるとは言い切れません。また、悪者のように思われている油脂は人間に必ず必要なものです。全く摂らないのが正解ではなく、油脂の種類と量そのバランスに気を付けることが重要です。

 

一般的に油と呼ばれますが、正確には液体のものを「油」といい、常温に於いて固形のものは「脂」です。総称して「油脂」と呼ばれます。「油」とか「脂」、「動物性脂肪」とか「植物性油」がよい悪いの判断基準ではなく、油脂の主成分となる脂肪酸がどういった種類であるかが重要だといわれています。

 

脂肪酸は3種類にわけられる

脂肪酸は飽和脂肪酸と一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸とにわけられます。飽和脂肪酸と一価不飽和脂肪酸は非必須脂肪酸で人間の体内で糖質やタンパク質から作ることができます。

 

亜麻仁油に多く含まれる多価不飽和脂肪酸であるオメガ3系のα-リノレン酸やオメガ6系のリノール酸は体内で作ることができません。どちらも食事から摂らないと必要な栄養素が体内に存在しないことになります。

 

リノール酸は穀類や肉や卵などから摂れるため、特に食事内容に気を付けなくても足りないことは普通ありません。必須脂肪酸であるα-リノレン酸は、多く含まれている食物が少ないため、必要量が摂れにくい油脂です。欧米化した食事を主に食べていると、オメガ6は多過ぎになりオメガ3の方は足りなくなります。

 

不足しがちなオメガ3(α-リノレン酸)を簡単に、しかも多く摂ることができるのが亜麻仁油です。亜麻仁油以外では、エゴマ油に多く含まれていますから、エゴマ油も積極的に使うべき油です。

 

脂肪酸がバランスよく必要

人間の細胞膜は脂肪酸からできています。おわかりのとおり人体は細胞で構成されています。オメガ3とオメガ6にはそれぞれに特徴がありますから、バランスを考えて摂取する必要があります。

 

それぞれの特徴ですが、オメガ3系脂肪酸は細胞膜をしなやかにしオメガ6系脂肪酸は強固にします。みずみずしい細胞を維持するためにはどちらの脂肪酸も必要ですが、オメガ6系脂肪酸が多すぎる食事を中心に摂っていると、細胞膜は固くなり様々な身体の不調を起こす原因になります。大切なのは摂取量と比率です。

 

オメガ3系とオメガ6系脂肪酸のバランスが崩れると、アトピーなどアレルギーの原因になったり、心疾患の原因になったり、深刻な病気ではガンの要因になってしまいます。

 

オメガ3とオメガ6の比率は1:4の割合がよいとされています。前述したように欧米化した食事はバランスが崩れてしまいます。これにはデーターがあり一般的なアメリカ人の場合、オメガ6はオメガ3の10倍以上の摂取量だといわれます。

 

日本人でも外食をが多い食生活や加工食品を多く摂るような生活を行っていると、アメリカでのデーターと同じようにオメガ6が多過ぎになってしまいます。

 

食生活がすっかり欧米化してしまった日本人も、意識して外食や肉類中心の食事を減らし、亜麻仁油やエゴマ油あるいはサンマやアジ、イワシなどの魚に含まれるオメガ3を多く摂ることが必要です。