アロエを痔に使う

*
スポンサードリンク

辛い痔にもアロエを使いましょう

痔には、きれ痔、いぼ痔、痔ろうという3つの種類がある生活習慣病の一種です。原因としては色々なものがあり、たばこの吸いすぎやお酒の飲みすぎ、妊娠、食事の不摂生などさまざまですが、便秘が原因となる事が一番多いとされています。

 

痔が痛む

痔はすぐに生命にかかわるような病気ではありませんが、強い痛みを伴う事も間々あり、本人は非常に辛い思いをするものです。

 

痔にアロエを使うには、上記した便秘の改善にもなるので、アロエの葉を丸かじりするか、すりおろした汁を飲みます。また、アロエが持っている消炎効果を利用して、痔に直接ぬると痛みが和らぎます。

 

痔は日本人の約半数の方が患っているとされる病気です。痔主は思っているよりたくさんいます。アロエを使う事と平行して、恥ずかしがらずに病院へ行く事も大切です。

 

また、痔で病院へ行けば手術を勧められると思っている方もたくさんいらしゃるようです。しかし、痔=手術ではありません。痔でも手術が必要なケースもありますが、そうそう手術になるケースは少ないものです。

 

痔は生活習慣病ですから、痔にならないためにも痔が治ってから再発しないようにするためにも、生活習慣も見直す事がとても大切な要素になります。

スポンサードリンク