アロエを胃弱に使う

*
スポンサードリンク

アロエで自律神経を調整する

胃弱は、胃の筋肉が弱る事が原因となって起こります。それに伴い胃の能力も低下しますので、胃弱を起こすとさまざまな症状を引き起こしてしまいます。

 

胃を押さえる女性

胃弱の主な症状としては、胃の痛み、胃の膨満感や食欲不振、げっぷや吐き気、下痢と便秘を交互に繰り返すなどがあります。また、胃はメンタル的な要素も大きくからんでおり、心因性のものも少なくはありません。症状を放置してしまうと胃下垂に移行してしまう場合もありますから、早めに病院で診断してもらう事をおすすめします。

 

胃弱でのアロエの活用では、胃に関する自律神経を調整してくれる効果が期待できます。

 

また、アロエ独特の苦味成分であるアロインなどが胃の働きを活発にしてくれます。苦味成分はアロエの表皮に多く含まれていますから、胃弱ではゼリー状の部分だけではなく、表皮も一緒に食べるようにします。

 

ただ、食事時間がばらばらだったり、食事の回数にばらつきがあったりすると胃の具合へ大きく影響しますから、アロエを食べると共に、生活習慣にも気を配りながら、食事も規則正しくとるようにしましょう。

 

先に書いたように、胃はメンタルな部分の影響を受けやすい臓器ですので、ストレスをため込まないような生活にも充分気を配る必要があります。

スポンサードリンク