やけどにアロエ

*
スポンサードリンク

やけどにアロエがよい理由

やけどにアロエという話はよく聞く話です。昔からよく知られていたことですから、アロエを外用として使う一番有名な方法ではないかと思います。

 

火傷跡

やけどにアロエ、そういわれるのにもきちんとした理由があります。

 

やけどは高温のものにより、皮膚組織が損傷した状態を指します。キダチアロエが持つ成分であるアロエウルシンには、抗炎症効果や皮膚組織回復作用があるとされ、アロエチンには抗菌や抗カビ作用や解毒作用があるとされています。つまり、やけどにアロエを使うと殺菌も出来て、やけどの炎症も抑えてくれます。これらがやけどにアロエがよいという理由です。

 

いくらやけどにアロエがよいとはいえ、アロエを使って安心していられるのは、当然ながら軽いやけどの場合だけです。やけどの状態がひどい時には、迷わず病院で診てもらう必要があります。

 

軽いやけどであれば、生の葉を切り患部から細菌が入らないようにアロエを熱湯で消毒を行ったあと、ゼリー状の部分を患部にあてておきます。

 

アロエを使うその前に、やけどしたらすぐに冷やす事が大切です。まずは水や氷を使って患部を冷やす事を忘れないようにしてください。充分にやけどの患部を冷やした後にアロエを使用します。

スポンサードリンク