虫刺されにアロエ

*
スポンサードリンク

虫刺されにアロエの持つ殺菌作用を利用する

蚊やムカデ、ハチ、蛾、アブなどの虫に刺される事を総称して虫刺されといいます。

 

たかが虫刺されとはいえ、蚊ならまだしもムカデやハチに刺されてしまうと、これらの虫は強い毒素を持っているので、痛みやかゆみだけでは済まずに発熱する事さえあります。

 

虫に刺されてかゆみを我慢する

その前にまずは虫に刺されないような予防をする事も大切な事です。夏であってもなるべく肌を露出しないような服装を心がけたり、虫よけのスプレーを使ったりすると虫に刺される確立はぐんと下がります。

 

大人も気をつけなければいけませんが、特に子どもは虫がいそうな場所にも平気で入ったりしてしましますから、虫よけの対策は必ず行ってあげるようにしてください。

 

それでも虫に刺されてしまう可能性はあります。虫に刺されてしまったら、まず刺されたあとに針が刺さっていないか見て、もし刺さっていたら針を抜かなければなりません。その後に毒素を吸い出すか、流水を使いながら指で毒素を押し出します。アロエを使うのはその後になります。

 

アロエには殺菌作用や毒素を中和する作用がありますから、虫に刺されてしまったら、患部をかくことはせずにアロエを塗るようにしましょう。

 

ただし、スズメバチなど毒素が強い虫に刺されたら、すぐに上記の手当てを行い病院へ行くようにします。

スポンサードリンク