お酒の飲みすぎは痔によくない

*
痔の事典 > 痔を治すために(生活習慣と自然治癒力) > お酒の飲みすぎは痔によくない

お酒の飲みすぎは痔によくない

お酒の飲みすぎは痔によくないことは、よくいわれますし、よく知られていることですので、皆さんご存知のことかと思います。

 

寝酒するお父さん

なぜなら、アルコールはうっ血の原因となり、痔に悪い影響を与えてしまいます。痔にとって血行が悪くなるのはよくないことで、悪影響をあたえてしまいます。

 

でも、アルコールは血行をよくするはずなので、「痔にとって悪い影響はないんじゃないの?」と考えられる方もいらっしゃるかとおもいます。

 

動脈の血流はアルコールによって確かによくなりますが、逆に静脈の血流は悪くなります。静脈の血流が悪くなれば、うっ血の原因を作ってしまいます。

 

ですので、アルコールは痔にとって危険因子であり、炎症を助長させてしまうものなのです。

 

お酒が好きな方は、禁酒することによりストレスがたまってしまい、そのストレスが痔の原因になってしまったのではなんにもなりません。また、適量であればお酒をいただくことは健康にとってよいこととされます。痔の痛みで苦しむのも自分自身なのですから、自分の体調に合ったお酒の量をいただくようにしましょう。

 

痔のことを考えて全くお酒を断った方がいいですよというわけではありません。適量であれば健康によいお酒も、過ぎたるは及ばざるが如しなのです。

スポンサードリンク