市販されている痔の薬と病院でもらう薬

*
痔の事典 > 痔の薬と診察 > 市販されている痔の薬と病院でもらう薬

市販されている痔の薬と病院でもらう薬

市販されている痔のお薬を筆者ももちろん使用したことがあります。多くの人が肛門科に行くことを恥ずかしいこととおもっているはずですので、市販されている痔の薬の需要は相当高いのではないでしょうか?

 

薬局

筆者もどうしても我慢がならない状態になるまで病院には行くことがなく、市販された痔の薬を使用していましたから、あまり人のことをとやかくはいえない立場ではあるのですが・・・

 

痔とひとことでいっても、痔というのは痔核(いぼ痔)、痔ろう(あな痔)、裂肛(切れ痔)に代表されるように種類があります。ですので、痔の薬に限ったことではありませんが、市販されているお薬は痔の色々な症状に効くように作ってあります。

 

一方、お医者さんからもらう痔の薬というのは、その人の症状にあわせてもらえますので、市販されている痔の薬との一番の違いはここの部分にあるということになります。

 

もうひとつ、市販されている痔の薬(痔の薬には限りませんが)は、短期間で効果が現れることを目的に作られていますので、一般におもわれているより薬の効き目は強いのだそうです。

 

ですので、市販の痔の薬を使わなければならない状況以外は、なるべく病院に行って症状に合ったお薬をもらうようにしましょう。

スポンサードリンク