視力回復や目の健康

遠視とはどんな状態?

遠視とは、像を写す網膜より後方で焦点が結ばれてしまう状態を指し、手元のものも遠くのものもぼやけて見えてしまう屈折異常の状態です。

メガネの男性

遠視と聞けば遠くがよく見えるような気がしますが、正視のように遠くがよく見える状態ではありません。ただし遠視が軽度であれば、正視に近い状態です。

 

目の調整力がある若年では、遠視であっても調整力に余裕があるため遠くがよく見えるということがあります。しかし、加齢によって調整力は衰えてきますから、だんだんと遠くもぼやけるようになります。

 

遠視で問題となるのは、ピントを合わせようとするので、眼精疲労や肩こりの原因になってしまうことが挙げられます。子供の遠視の場合には弱視になってしまう危険性があります。子供は視力が低下したという意識が薄いので、回りの大人が気付いてあげる必要があります。

 

また、加齢によって遠視になるといわれることがありますが、遠視と老眼の原因は全くちがいます。遠視は上記のように屈折の異常が原因ですが、老眼の場合は調整する力が減少することが原因になります。老眼になると、水晶体に弾力がなくなることによって、近くにピントを合わせにくくなってしまいます。

 

加齢により遠視になってしまった場合は、もともと軽度の遠視があったものが加齢によって調整力が衰えたことで症状が現れたものです。

スポンサードリンク