視力回復や目の健康

乱視とはどんな状態?

乱視は角膜(黒目の部分)のゆがみによって起こる症状です。ものを見るのにピントが合わずにぼやけて見えてしまいます。近視・遠視・乱視はいずれも屈折異常です。屈折異常のなかで乱視を持っている人の割合は思ったより多く約1/3を占めています。

ぼやけて見える

もともと人間の角膜はきれいな円形ではなく、少し横方向に長い楕円形を描いています。全ての人間の角膜は円形ではないため、誰でも乱視の要素を持ち合わせていますが、この楕円の状態が大きいと乱視になります。

 

楕円の状態が大きいということは、縦方向と横方向にずれが生じてしまうということになります。ひとつの目にまるで度数の違うレンズがふたつあるようなものです。この場合を正乱視といい視力に影響を与えてしまうことになります。

 

乱視の種類として、もうひとつ正乱視のほかに不正乱視とよばれる乱視があります。この不正乱視は、角膜の表面が凸凹の状態になっており、ものを見ると波打ったような状態に見えてしまいます。

 

この不正乱視は、メガネでの矯正ができないためにハードコンタクトレンズを使用します。ハードコンタクトレンズでも矯正が不可能な場合もあります。ハードコンタクトレンズで矯正不可能なほどの状態であれば、角膜移植手術が行われることがあります。

スポンサードリンク