視力回復や目の健康

老眼とはどんな状態?

老眼とは、ピントが合わず近くのものが見えにくくなるという症状をいいます。遠くを見る能力にはそう変化は現れません。近くを見るためには、レンズの役目をする水晶体を厚くして見るわけですが、この水晶体をスムーズに厚くするという能力が衰えてしまうのが老眼とよばれる状態です。

老眼鏡が必要

老眼という名前が表すとおり、老眼になるのは若年ではなく、一般的に40才を過ぎた頃から症状が現れはじめます。60才になる頃まで徐々に進行します。老眼になってしまうと、裸眼では近くを見ることにとても力を使うようになりますので、眼精疲労の原因にもなってしまいます。

 

40代は明らかに老人ではないのですから、老眼という呼び方にも問題があると思います。老眼になったこと自体も受け入れ難いと思います。しかし老眼の症状が現れはじめたら、素直に老眼鏡を使用することがとても大切なことです。

 

それまでメガネを使ったことがなければそのことにも抵抗感があると思いますが、その後は老眼の進行具合に従って老眼鏡も度数を変更しなければなりません。

 

最近は老眼を治してしまう「強膜伸展手術」や「人工レンズ挿入術」という手術も注目されはじめているようです。今後注目すべき手術法なのですが、どちらの方法も現時点では、効果が実証されているわけではありません。

スポンサードリンク