視力回復や目の健康

映像と上手く付き合う

視力が回復するように、なるべく目に負担をかけない生活。例えばテレビを見ない、テレビゲームをしないなどに気をつけることが考えられますが、現代社会において全てを排除するというのも不可能に近いことです。我慢することによってストレスがたまってしまっては、結局はプラスにならないことになってしまいます。

ゲームをする子供達

かくいう筆者も、子供のころはテレビっ子でしたから、祖父や祖母、はたまた両親からテレビは離れて見なさいと常日頃からいわれておりました。でも、子供ってテレビを見る時には、どうしてもテレビの前へ座ってしまうんですよね。やはり視力が低下してしまうといくらいわれたって、現実味がないのでしょうね。

 

テレビやビデオ、ゲームやDVDなど映像を見る時には近すぎないというのも大切ですが、夜間であれば照明を明るくして見る、長い時間は見続けないなどの注意が必要です。テレビは3m以上離れてみる方がよいとされています。写真のようにせっかくリモコンもあるのですから、もう少し離れて見るようにしましょう。

 

特に、子供がテレビゲームを夢中でやっていると、本当にテレビ画面の目の前でやりたがりますから、口をすっぱくして注意してあげましょう。目は一生涯付き合っていくものですし、視力が低下したら、視力回復するのも大変なことですから。

スポンサードリンク