視力回復や目の健康

遠くを見て視力回復

遠くを見ると目によいとは、昔からよくいわれて来たことです。我々の日常生活ではテレビを見たり携帯電話の画面を見たり、今のあなたのようにパソコンの画面を見たりなど、近くを見る機会が圧倒的に多くなってしまっています。この環境的な問題が、近視になる原因のひとつと考えられています。

自然の中の森

これは、アフリカなどの大自然の中で暮らしている人々には、視力が異常によい(視力5~8)人がたくさんいるというデーターがあるためです。しかし、同じような環境でも近視になる人もいればならない人もいて、一概に環境ばかりの問題でもないともいわれていますが、少なくとも関係がないとはいえないでしょう。

 

近くを見続けることは、水晶体の厚みが増したままの時間を多く過ごすことになり、目にとっても負担がかかった状態が長く続くということです。

 

それに比べ遠くをみるということは、目はピントを合わせる必要がなく、目もリラックスしている状態です。遠くを見るときには、なるべく遠くの一点をみる習慣を持つとよいとされています。

 

いずれにしても、遠くを見る習慣を身につけると、目の健康にとってよいことはあっても悪いことはありません。心身のストレスを開放するという意味でも大変よいことです。1日1回短時間でもよいので、遠くを見る習慣をぜひ身につけましょう。

 

ただし、授業中や仕事中にやってはだめですよ!先生や上司に真剣さが足りないと怒られるかもしれませんからね。

スポンサードリンク