視力回復や目の健康

視力と睡眠の関係

視力と睡眠にはどういった関係があるのでしょうか。筆者もよく経験するのですが、寝不足気味の状態が連続していると、確かに目も疲れがでてきて視力にも影響するような気がします。しかし、意外なことに睡眠不足が視力の低下を引き起こすというデーターはないのだそうです。考えてみると、逆に睡眠をよくとると視力がよくなるかといえば、そうとは思えません。

ベッドでパソコンをする

とはいえ睡眠が不足するということは、それだけ目を使っている時間が長くなるということです。特に夜更かしともなれば日中の太陽の光による照明より条件も悪くなり、いくら明るい照明を気をつけていても目に負担がかかるのは間違いないでしょう。ひいては視力の低下につながってもおかしな話ではありません。

 

写真のようにベッドに寝てパソコンをしてはいけません。ベッドは寝るためのものです(笑)これは冗談ではなく、この状態では照明も暗いはずです。パソコンを使うにも読書をするにもテレビをみるにも適切な照明と適切な姿勢で行うということは視力の低下を防ぐことにつながります。視力回復を希望しているのならやってはならないことです。

 

また、ここ最近はパソコンもスマホもタブレットもLEDバックライトが使われており、バックライトから発生するブルーライトが目によくない影響を与えることがわかってきてます。PCメガネを使用したり画面にフィルターするアプリを使用したりして目への悪影響を防ぎましょう。

スポンサードリンク