視力回復や目の健康
視力回復や目の健康 > 視力を回復するために > 目によいとされるアントシアニンとルテイン

目によいとされるアントシアニンとルテイン

「視力回復にはブルーベリーを」・「ブルーベリーには疲れ目に効果がある」などとあちこちの広告媒体で宣伝されていますので、ブルーベリー=目によい食べ物という記憶にある方がたくさんいらっしゃると思います。

ほうれん草

ブルーベリーが目によいとされるのは、アントシアニンという成分が含有されているからです。アントシアニンは、ブルーベリーなどのベリー類や黒豆の皮、ムラサキ芋などに含まれるフラボノイドの一種です。

 

そのアントシアニンが目にどのように関係しているのかというと、人間の網膜にあるロドプシンという見るために必要不可欠な物質の再合成に寄与しているからだとされています。

 

とはいっても、アントシアニンが人間の口から摂取され、吸収されたものがどれくらい視力回復や目の疲れに有効に働くのかということは、いまのところはっきりとは分かっていません。

 

ルテインは人体では網膜にだけ含まれている成分で、ホウレン草の多く含有されています。ルテインは目に入る有害な光線を吸収したり、活性酸素によって起こる網膜の変性を抑制する力があります。

 

また、ルテインには白内障を予防したり加齢黄斑変性症の治療に効果があるとされています。アントシアニンにしろルテインにしろ過剰に期待するのはよくないとおもいますが、人間に必要な栄養素ではありますから適切な量を摂取することが大切です。

スポンサードリンク