視力回復や目の健康
視力回復や目の健康 > 視力を回復するために > 視力回復のためのツボマッサージ

視力回復のためのツボマッサージ

視力回復の方法として目によいとされている、ツボを刺激してみる方法をご紹介します。ツボマッサージは、科学的に効果があることが証明されているわけではありませんが、手軽にできる方法ですし、何よりコストは全くかかりませんからぜひ試してみてください。

 

右目を指差す

 

ツボマッサージは1日や2日で効果が現れるものではありませんので、1日2回程度を継続して続けることが肝要です。ただし、万一ツボの刺激を不快と感じるなら、続けない方が賢明かと思います。

 

ご紹介する前にいくつかの注意点があります。以下の事項は絶対に守ってください。
・眼球を強く刺激したりしないこと。
・ツボマッサージを行う時は、清潔な手を心がけること。
・ツボマッサージは目は閉じて行うこと。

 

天応(てんおう)のツボ

天応(てんおう)のツボ:近視・遠視・乱視・目の疲れに
ツボの場所:まゆ頭から3mmほど下の眼窩(がんか)の内側の少しへこんだところにあります。

両手の親指の腹をツボにあて、親指以外を弓状に曲げ、円を描くように押しもみします。8回を1つのサイクルにして8回、合計64回行います。

 

 

太陽のツボ

太陽のツボ:近視・遠視に
ツボの場所:こめかみの部分です。

左右の親指以外の指を軽くにぎり、親指で太陽のツボをおすと同時に、人差し指の側面を使って眉の辺りを4回、今度は目の下側の骨の上側を4回こする。(決して眼球を強くおさないこと)これを1サイクルとし、8回で合計64回行います。

 

 

四白(しはく)のツボ

四白(しはく)のツボ
ツボの場所:黒目の2cmほど下

左右の人差し指で四白のツボをおさえ、親指をあごの下へそえ支える。人差し指の腹で円を描いてツボの押しもみを8回、今度は反対の円を描いて8回行います。8回をひとつのサイクルとして8回、合計64回行います。

スポンサードリンク