視力回復や目の健康

飛蚊症とは

飛蚊症(ひぶんしょう)とは、目の前に黒っぽいつぶ状のものや、虫みたいなものあるいはゴミや糸くずが飛んでいるような見え方をする症状です。飛蚊症になったとしても気になる方もいれば気にならないという方もいらっしゃいます。

蚊の音を聞く

蚊が飛んでいるように見えるのは、我々の眼球にある硝子体(しょうしたい)という透明の部分が活性酸素の影響によって変化(にごってしまう)することが原因です。にごった部分が影となって目に映ってしまうため、虫が飛んでいるように見えてしまいます。

 

影になってしまった部分が蚊が飛んでいるように見えるのですから、コントラストがはっきりする場面、明るいところで白いものを見るときなどに気が付くことが多くあります。

 

生理的な飛蚊症は誰にでも起こり得る加齢に伴う症状であり、多くの場合で心配の必要はありません。しかし、すぐに治療を行う必要がある場合もありますから、はっきりとした原因が特定できないうちは軽視すべきではありません。

 

また、基本的に歳を重ねて起こる症状(ただし若い世代でも起こることがあり、増加傾向にあります)ですから、ある日突然起こる症状ではありません。少しずつ進行した症状にある日気付くため突然起こったように感じられます。

 

飛蚊症には心配ないものとあるものがある

飛蚊症はほとんどの場合で心配する必要のない症状です。しかし眼球内の出血が原因で飛蚊症の症状がでるなど、他の目の病気が隠されている場合もあります。

 

具体的には網膜などの出血が硝子体にたまった状態の硝子体出血や網膜剥離、網膜裂孔などで、放置すると最悪失明してしまう恐れがある症状である場合があります。硝子体出血では出血を起こしているのですから赤い色が見えるケースもあります。

 

飛蚊症は何かが目の前で飛んでいるように見える症状です。特にこれ以外の症状、視野が欠けて見えたり物がゆがんで見えたりする、あるいは頭痛や吐き気を伴う症状などの場合には、加齢による飛蚊症ではない可能性が高くなりますので、すぐにでも眼科の受診が必要です。

 

眼球に細菌が繁殖してしまったり菌類によって起こる真菌症でも飛蚊症の症状を伴う場合があります。感染症が原因であると目に痛みを感じたり目がかすんだりする症状を起こします。飛蚊症の症状を起こすなかでも特に急を要する症状ですから、あれこれ考える前に眼科を受診しましょう。

スポンサードリンク