巻き爪とは

*
スポンサードリンク

誰にでも起こり得る巻き爪

巻き爪とは、主に足の親指の爪が横方向へ巻いた状態になってしまうことです。巻き爪は、足の他の指でも手の爪でも起りますが、ほとんどのケースでは足の親指(左右問わず)に起こります。

 

横断歩道を歩く女性の足

最近、巻き爪は若い女性に増えているそうです。だからといって男性陣も安心してはいけません。若い人でもご老人でも男女問わずに起りえる病気です。ほとんど話題にもならない割に巻き爪に悩んでいる方は非常に多く、10人に1人の割合といわれています。

 

巻き爪の症状がひどくなると、爪の巻き方がトランペットのように筒状になったり、「の」の字のような状態になってしまいます。こうなると激しい痛みを伴ったりしますが、巻き爪は爪の変形があっても、ほとんど痛みを感じないという場合もあります。ですので、巻き爪も軽い症状のうちには、自分が巻き爪であるということを気が付いていない方も、たくさんいらっしゃるのだそうです。

 

巻き爪は先ほど書いたように、爪が巻いてしまう病気なのですが、これと似た様な症状で巻き爪と区別されているのが、陥入爪(かんにゅうそう)です。

 

陥入爪も爪の変形を起こしたものですが、爪の端部がトゲ状になって指の肉に食い込むような形になり、炎症を起こしたり化膿したりして痛みを伴います。巻き爪と陥入爪は合併して起ることもあり、そうなってしまうと治療が難しい状態になってしまいます。

 

手の爪と足の爪を比較して、どちらかといえば足の爪は手入れなどがおろそかになってしまうことが多いと思います。しかし、足というのは全身を支えて歩くという運動を支える場所です。爪ももちろん大きく関わっている部分ですので、足自体ももちろんのことですが、もう少し爪にも気を使いたいものです。

スポンサードリンク

巻き爪とは関連ページ

巻き爪にコットンパッキング
軽度の巻き爪であれば、コットンパッキングという巻き爪の治療方法をやってみましょう。ただし、これから説明する方法は、当サイトの管理人が何ら責任を持つものではないとご理解の上ご自身の責任において行ってください。また、巻き爪は […]
巻き爪は何科の病院へ行く?
巻き爪になっていざ病院へというとき、何科で診察を受けたらよいのか分からない場合があると思います。   答えからいってしまうと、巻き爪の治療は一般的に爪は皮膚の領域なので皮膚科だといわれていますが、病院の何科が巻 […]
赤ちゃんも巻き爪に?
巻き爪は老若男女問わず患ってしまう可能性がある病気なのですが、なんと赤ちゃんでも巻き爪になってしまうことがあります。   赤ちゃんが巻き爪になってしまう原因は、体質によるものといわれている場合もありますし、深爪 […]
巻き爪は再発しないのか
巻き爪をプレートやワイヤーを使用して矯正した後や、巻き爪を外科的な手術によって治療した場合でも、残念なことに巻き爪が再発してしまうことがあります。   しかし、ここで重要なのは1度矯正を行っていると、次にまた巻 […]