赤ちゃんも巻き爪に?

*
巻き爪と治療 > 巻き爪について > 赤ちゃんも巻き爪に?
スポンサードリンク

赤ちゃんの巻き爪には理由があります

巻き爪は老若男女問わず患ってしまう可能性がある病気なのですが、なんと赤ちゃんでも巻き爪になってしまうことがあります。

 

おむつ姿でハイハイする赤ちゃん

赤ちゃんが巻き爪になってしまう原因は、体質によるものといわれている場合もありますし、深爪によるものといわれているケースもあります。

 

体質(爪が薄いなど)で巻き爪になってしまっている場合には、これから成長する足や体なのですから、巻き爪になってしまわないように正しい靴選びにも気をつけてあげたいものです。

 

深爪が巻き爪の原因になってしまうのは、爪の成長に関係があります。赤ちゃんの爪は成長が早いため、巻き爪にも拍車をかけることになります。

 

深爪をしてしまうと爪の先端部分が皮膚に食い込みやすくなってしまいます。ところが、爪は人間が生きている限り成長しようとします。そうすると行き場をなくしてしまった爪は、本来とちがった方へ伸び変形(巻き爪)を起こします。

 

赤ちゃんの巻き爪は、歩く運動も関係しています。もともと爪は正常な形になるようには、作られる時点で決まっているわけではありません。

 

爪の正常な形というのは、歩くという運動によって形成されます。つまり爪が平べったくなるのは自然にそうなっているわけではなく、足を使って歩いているからなのです。

 

赤ちゃんが巻き爪になってしまう理由のひとつには、歩く運動がまだままならないためということもあります。

スポンサードリンク

赤ちゃんも巻き爪に?関連ページ

巻き爪とは
巻き爪とは、主に足の親指の爪が横方向へ巻いた状態になってしまうことです。巻き爪は、足の他の指でも手の爪でも起りますが、ほとんどのケースでは足の親指(左右問わず)に起こります。   最近、巻き爪は若い女性に増えて […]
巻き爪にコットンパッキング
軽度の巻き爪であれば、コットンパッキングという巻き爪の治療方法をやってみましょう。ただし、これから説明する方法は、当サイトの管理人が何ら責任を持つものではないとご理解の上ご自身の責任において行ってください。また、巻き爪は […]
巻き爪は何科の病院へ行く?
巻き爪になっていざ病院へというとき、何科で診察を受けたらよいのか分からない場合があると思います。   答えからいってしまうと、巻き爪の治療は一般的に爪は皮膚の領域なので皮膚科だといわれていますが、病院の何科が巻 […]
巻き爪は再発しないのか
巻き爪をプレートやワイヤーを使用して矯正した後や、巻き爪を外科的な手術によって治療した場合でも、残念なことに巻き爪が再発してしまうことがあります。   しかし、ここで重要なのは1度矯正を行っていると、次にまた巻 […]