巻き爪の保存的治療

*
巻き爪と治療 > 巻き爪の治療 > 巻き爪の保存的治療
スポンサードリンク

巻き爪矯正などの保存的療法

巻き爪の治療にもいろいろな療法があり、外科的な治療法以外では保存的治療法という方法もあります。炎症がある場合には抗生物質を内服したりコットンを爪の下にパッキングしたり、チューブを挿入する方法です。一般的に行われるワイヤーやプレートを使った巻き爪矯正もこの保存的療法に含まれます。

 

女性の爪先

巻き爪は外科的な療法でも保存的な療法でもメリットとデメリットがありますので、どちらがよいのか一概にはいえない部分がありますが、手術的な療法と比較すると、巻き爪の治療が長期に渡る可能性が高い療法です。

 

また、巻き爪の再発についてもいずれの方法で治療を行ったとしても、再発の可能性がないわけではありません。再発防止や予防という意味でも深爪をしないように気をつけたり、先端が細くなった靴をはかないこと、自分の足に合った靴を選ぶことなどを日頃の生活で注意することがとても重要です。

 

巻き爪の症状によってもどんな方法で治療したがよいかちがいがありますし、医師によっても考え方がちがってきます。保存的療法のつもりが、いざ病院に行ったら手術になる可能性もあります。ですので、巻き爪で病院を訪れるなら、その前にある程度の予備知識を持っておくようにしましょう。

 

今は多くの病院をインターネットで検索できますから、その病院の治療方針なども予め調べておくようにしましょう。そうすると医師の説明も理解しやすいですし、自分なりの希望も医師に伝えることが出来ます。なにより、インターネットを使ってその病院の評判を知ることができることが一番のメリットです。

スポンサードリンク

巻き爪の保存的治療関連ページ

巻き爪の治療は早い方がいい
巻き爪の治療に限らず病気全般にいえることなのですが、巻き爪に気付いたら、なるべく早く治療を開始するようにしましょう。   なぜなら当たり前のことですが、巻き爪の症状がひどくなればなるほど巻き爪が治りにくくなって […]
ワイヤーとプレート矯正
巻き爪を治療するひとつの方法として、ワイヤーやプレートを使って巻いてしまった爪を矯正する方法があります。この巻き爪の矯正方法には、プラスチック製のプレートや金属製のバネを使用するもの、形状記憶合金のワイヤーやプレートを使 […]
巻き爪の外科的治療
巻き爪の状態がひどい、もしくは激しい痛みがあるなどの場合は矯正などの保存的療法ではなく、外科的な治療が行われることがあります。巻き爪の外科的治療は、爪を根元から抜いてしまう治療を指します。   爪を作っている部 […]
フェノール法による手術
巻き爪のフェノール法による手術とは、フェノールという消毒薬を使用して行う手術です。巻き爪のふち(幅にして数ミリ)を爪の根っこの部分である爪母(そうぼ)から切り、フェノールを使って爪母を殺してしまうという手術法です。 &n […]