巻き爪の外科的治療

*
巻き爪と治療 > 巻き爪の治療 > 巻き爪の外科的治療
スポンサードリンク

巻き爪の状態が悪ければ外科的治療に

巻き爪の状態がひどい、もしくは激しい痛みがあるなどの場合は矯正などの保存的療法ではなく、外科的な治療が行われることがあります。巻き爪の外科的治療は、爪を根元から抜いてしまう治療を指します。

 

振り向く医者

爪を作っている部分である爪母(そうぼ)から抜いてしまうので、巻き爪が根治するように思えますが、新しい爪が生えてきた後に再び巻き爪なってしまうこともそう珍しいということではありません。

 

巻き爪の再発だけではなく、複数の爪になる二枚爪と呼ばれる症状が起きたりする可能性もあります。また、爪を爪母から抜いてしまうと、そもそもの爪の幅が狭くなってしまうので、見た目的にあまりよいものとはいえなくなる可能性があります。

 

爪を爪母から抜いて再び巻き爪が再発したと仮定します。今度はワイヤーを使用したり、プレートを使用したりする巻き爪の矯正を行える状態であっても、爪母を抜いてしまった後に生えてきた爪のため、矯正の効果は薄くなってしまうというリスクもあります。

 

巻き爪の矯正は長期間に及ぶケースが多いのですが、場合によっては何度も爪を抜くことになってしまう外科的な治療より、可能な限り最初からワイヤーやプレートを使って、もともと生えている爪を矯正する巻き爪の矯正を行った方が懸命ではないかと思います。

 

ただ残念ながら、一度巻き爪の矯正を終わっていても、再び巻き爪が発生してしまうことがあります。しかし、ほとんどの場合最初の巻き爪矯正より簡単に矯正できる場合が多くなります。いずれにしても、ひどくなればひどくなるほど回復が遅くなります。なにより治すまで痛い思いをしなくてはなりません。他の病気などもそうですが、巻き爪も早期の治療をおすすめします。

スポンサードリンク

巻き爪の外科的治療関連ページ

巻き爪の治療は早い方がいい
巻き爪の治療に限らず病気全般にいえることなのですが、巻き爪に気付いたら、なるべく早く治療を開始するようにしましょう。   なぜなら当たり前のことですが、巻き爪の症状がひどくなればなるほど巻き爪が治りにくくなって […]
ワイヤーとプレート矯正
巻き爪を治療するひとつの方法として、ワイヤーやプレートを使って巻いてしまった爪を矯正する方法があります。この巻き爪の矯正方法には、プラスチック製のプレートや金属製のバネを使用するもの、形状記憶合金のワイヤーやプレートを使 […]
巻き爪の保存的治療
巻き爪の治療にもいろいろな療法があり、外科的な治療法以外では保存的治療法という方法もあります。炎症がある場合には抗生物質を内服したりコットンを爪の下にパッキングしたり、チューブを挿入する方法です。一般的に行われるワイヤー […]
フェノール法による手術
巻き爪のフェノール法による手術とは、フェノールという消毒薬を使用して行う手術です。巻き爪のふち(幅にして数ミリ)を爪の根っこの部分である爪母(そうぼ)から切り、フェノールを使って爪母を殺してしまうという手術法です。 &n […]