ワイヤーとプレート矯正

*
巻き爪と治療 > 巻き爪の治療 > ワイヤーとプレート矯正
スポンサードリンク

巻き爪の矯正にはワイヤーかプレートが使われます

巻き爪を治療するひとつの方法として、ワイヤーやプレートを使って巻いてしまった爪を矯正する方法があります。この巻き爪の矯正方法には、プラスチック製のプレートや金属製のバネを使用するもの、形状記憶合金のワイヤーやプレートを使用するものなどがあります。

 

提案する医者

日本で行われている巻き爪の矯正方法は、形状記憶合金を使用する矯正方法が多く採用されています。形状記憶合金のワイヤーやプレートを使った巻き爪の矯正は以下のように行われますが、前提としてワイヤーの装着は爪の先端の白くなった部分に行われますので、通常は爪切りで切ってしまう白い場所が多少必要になります。

 

まず、爪の白い部分に注射針を使用して穴を左右に開けます。爪には神経がありませんからもちろん痛みはありませんが、炎症などを起こして痛みがひどい時は麻酔で痛みを緩和させます。

 

後は注射針で開けた穴に形状記憶のワイヤーを装着するだけです。ワイヤーには固さのちがいが数種類あり、巻き爪の状態に合ったものが使用されます。治療の時間はわずか数分で終わってしまう簡単な方法です。

 

早ければ装着した直後に痛みが治まります。ほとんどの場合、数日中には巻き爪の痛みなどの症状が軽くなります。ワイヤーを装着した後も通常、運動の制限や入浴の制限などありません。

 

プレートは主に巻き爪と陥入爪を併発して症状がひどく、痛みもひどい場合やワイヤーの穴を開ける余裕がない場合などに使用されます。装着方法は、爪に医療用の接着剤を使用して貼り付けます。貼り付けた後はドライヤーなどの熱を利用して1日に2・3回、巻き爪の部分に熱を加えてプレートを伸ばす必要があります。

 

巻き爪の状態や痛みの状態でワイヤーを使用するかプレートを使用するかが選択されますが、巻き爪を矯正する力自体はワイヤーの方が強いため、問題がなければワイヤーを使用した巻き爪の矯正方法が選択されます。

スポンサードリンク

ワイヤーとプレート矯正関連ページ

巻き爪の治療は早い方がいい
巻き爪の治療に限らず病気全般にいえることなのですが、巻き爪に気付いたら、なるべく早く治療を開始するようにしましょう。   なぜなら当たり前のことですが、巻き爪の症状がひどくなればなるほど巻き爪が治りにくくなって […]
巻き爪の外科的治療
巻き爪の状態がひどい、もしくは激しい痛みがあるなどの場合は矯正などの保存的療法ではなく、外科的な治療が行われることがあります。巻き爪の外科的治療は、爪を根元から抜いてしまう治療を指します。   爪を作っている部 […]
巻き爪の保存的治療
巻き爪の治療にもいろいろな療法があり、外科的な治療法以外では保存的治療法という方法もあります。炎症がある場合には抗生物質を内服したりコットンを爪の下にパッキングしたり、チューブを挿入する方法です。一般的に行われるワイヤー […]
フェノール法による手術
巻き爪のフェノール法による手術とは、フェノールという消毒薬を使用して行う手術です。巻き爪のふち(幅にして数ミリ)を爪の根っこの部分である爪母(そうぼ)から切り、フェノールを使って爪母を殺してしまうという手術法です。 &n […]