フェノール法による手術

*
巻き爪と治療 > 巻き爪の治療 > フェノール法による手術
スポンサードリンク

フェノール法にもメリットとデメリットがあります

巻き爪のフェノール法による手術とは、フェノールという消毒薬を使用して行う手術です。巻き爪のふち(幅にして数ミリ)を爪の根っこの部分である爪母(そうぼ)から切り、フェノールを使って爪母を殺してしまうという手術法です。

 

微笑む看護師さん

フェノール法は、巻き爪の変形が爪母にあり、変形した爪が生えてくる爪母をなくしてしまうことにより、変形した爪は生えてこないという考え方に基づいて行われる手術です。

 

手術と聞けばそれなりの術時間が必要だと考えますが、手術は10分程度の時間で終わり、通院での巻き爪の手術が可能です。少し我慢する時間が長くなりますけど、半月程度でスポーツも行えるようになります。

 

フェノール法のメリットは、従来行われてきた鬼塚法と比較して手術後の患者の痛みが少ないことや、鬼塚法では出来にくかった厚くなった爪や湾曲の強い爪でも可能であること。また、巻き爪で化膿を起こしていても手術が可能なことがあります。ほかにも、フェノール法は健康保険が適応になるというのも大きなメリットです。

 

しかし、フェノール法にもデメリットがないわけではありません。巻き爪のふちを切ってその部分の爪母を腐食させるということは、爪の幅が狭くなってしまうということになります。他にも切った部分以外の爪が巻いていてもそのままであるということです。爪が生えてくる方向が変わってしまうという可能性もあります。

 

一番気になる巻き爪の再発ですが、巻き爪の再発というより切ってしまった爪母の部分から爪が再生する可能性があります。そうなると巻き爪が再発する可能性があります。再発率も低くありません。

 

巻き爪の矯正は数ヶ月から何年という単位で時間が必要です。しかし、このフェノール法は短期間で済んでしまいますので、巻き爪の状態がひどい場合などの選択肢として有効な巻き爪の手術方法です。

スポンサードリンク

フェノール法による手術関連ページ

巻き爪の治療は早い方がいい
巻き爪の治療に限らず病気全般にいえることなのですが、巻き爪に気付いたら、なるべく早く治療を開始するようにしましょう。   なぜなら当たり前のことですが、巻き爪の症状がひどくなればなるほど巻き爪が治りにくくなって […]
ワイヤーとプレート矯正
巻き爪を治療するひとつの方法として、ワイヤーやプレートを使って巻いてしまった爪を矯正する方法があります。この巻き爪の矯正方法には、プラスチック製のプレートや金属製のバネを使用するもの、形状記憶合金のワイヤーやプレートを使 […]
巻き爪の外科的治療
巻き爪の状態がひどい、もしくは激しい痛みがあるなどの場合は矯正などの保存的療法ではなく、外科的な治療が行われることがあります。巻き爪の外科的治療は、爪を根元から抜いてしまう治療を指します。   爪を作っている部 […]
巻き爪の保存的治療
巻き爪の治療にもいろいろな療法があり、外科的な治療法以外では保存的治療法という方法もあります。炎症がある場合には抗生物質を内服したりコットンを爪の下にパッキングしたり、チューブを挿入する方法です。一般的に行われるワイヤー […]